どうしても痩せたい。骨と皮になりたい。

こんにちは。
私は、痩せたくて仕方がない人間です。
学生の時に太っていた頃があり、
お腹は出て、足はとてもパンパンでした。
思春期に入り、とても体系を気にするようになり、
5年間色々なダイエットをして来ました。

代表的なのは、
①全く食べない
②キャベツ主食ダイエット
③夜ご飯を抜くダイエット
です。
①全く食べないダイエットは、皮膚がたるんで来て、胃も弱くなり、精神的に鬱のようになるので危険でした。
そこで、雑誌で知った②キャベツ主食ダイエットを始めました。朝昼夜とキャベツを食べるというものでした。
お昼もお弁当箱にキャベツを詰めて持ち歩いていました。1ヶ月ほど続けた頃、脂物が食べたくなりそこから、いけないと思いつつもどんどん食べてしまって、リバウンドでした。
そこで食べながら痩せる事がいいと、今更ながら気付いた私は18時以降食べないダイエットにチャレンジしました。朝はパンお昼は好きなものを食べる夕方に軽食。仕事が終わって帰ればお風呂に入って寝る。といった生活です。これが、正直一番痩せました。
無理が無いですし、空腹を感じながらも朝何を食べるかワクワクしながら眠れていました。
が、が、ところが、夜とてもお腹が空いた日があり、少しだけ。と思ってクッキーを食べてしまい。

そこから私の過食が始まりました。
朝昼と控えていても、夜になるとご飯の後に止まらなく食べ続けてしまう。寧ろご飯とその後の間が分からないくらいに。ご飯の量を減らそうとして、お魚だけ食べても、その後クッキー、ポテトチップス、チョコレート、そしてまたスナック菓子、シュークリーム、アイス。と、塩分甘いもの塩分甘いものを交互に欲求してしまうのです。
ご飯をしっかり食べれば。と思い食べても、さらにお菓子の量は増えました。
毎晩3時間ほど食べ続け、妊娠6ヶ月くらい膨れたお腹を見ては、罪悪感と後悔。
ただたくさん食べていると、途中から頭が朦朧としてくるので、ふわふわした気分になり、痩せないとという過剰なほどの意識は和らぎ、ポジティブになります。
その過食が2ヶ月ほど続き、足もお腹もパンパンでした。全身太り、そこから本当に怖くなり、
過食しては嘔吐するようになりました。

食べ物が体に吸収するのがとても怖くなりました。
最初はすごく困難だった嘔吐も慣れて、食べたら吐くのが当たり前になりました。
今はチョコチップスティック1本、お昼はカフェラテ、夜は好きなものを食べる。ただ1日2回くらい嘔吐します。
体系は以前よりも痩せました。
そこでやっと幸せを感じれるのです。
どこまで行っても痩せたくて、カリカリになりたくて仕方ない私です。
お店の、一人前の料理を食べ切っても細い人が羨ましいです。元々食べる事が好きだったので、食への興味を無くしたいと日々思っています。

SNSでもご購読できます。